【ヒト幹細胞培養液】についてのお話。

昨今、細毛や薄毛、老若男女で多種多様の髪や頭皮のお悩みが増えてきております。 寿命はどんどんと伸びていて健康な方々が増えているのに、 髪や頭皮のお悩みが増えてきたのは、医療の発達によりあきらめていたものが 改善するかもしれないという色々な情報が流れているからでしょうか。 2010年以降、医療現場が発毛のメカニズムや毛が生えるにはどの細胞が働いているかなどを 再生医療の最先端の現場での解析で急速に解明されていきました。 そんな中、近年、発毛・育毛促進効果がある最新の【ヒト脂肪由来幹細胞培養液】を できるだけわかりやすくご説明いたします!

そしてお題の【ヒト脂肪由来幹細胞培養液】とは、、 -なにからできてるの?- 厚生労働省の生物由来原料基準を守る法律で定められて、三世代前からエイズや肝炎を含むウィルス・細菌に感染していない健康な成人女性ドナーの皮下脂肪を採取し、その中から取り出した幹細胞を培養して、溢れ出た栄養素を抽出します。 ※もちろんご自身の細胞でも培養ができるそうで、私が関係者から聞いたお話ですと約500万前後だそうで、さらに約100万で細胞治療も可能だそうです(笑) そして徹底した管理の元、無菌状態下のクリーンルームで医師や医学博士など専門知識と細胞培養技術者が培養、生成しております。 -その中身ってどんな成分?- 幹細胞の培養液ですから、幹細胞そのものではなく、幹細胞が細胞分裂する時に溢れ出した、約200種類もの様々な物質や成長因子、生理活性成分を精製した再生美容成分です。 成分の代表的なところでいくと、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などで、体内で生成されている成分と同じものを高配合した純度の高い美容液がヒト脂肪由来幹細胞だと思っていただけると簡単だと思います。 -どうして発毛や育毛に効果があるの?- ヒト脂肪由来幹細胞が頭皮からの根本改善に効果があるのは、大きく分けて2種類あります。 ①毛穴の奥、バジル領域にある毛包幹細胞・色素幹細胞の活性化させ、正常な働きをさせる。

②毛芽(もうが)の再生 真皮層にある毛芽とは、髪が毛穴から抜けきっていて、毛穴が完全に塞がってしまった状態。その状態でも、毛穴の記憶が眠っており、それを活性化することにより、もう一度毛穴を再生することができます。 -どのくらいで効果がでるの?- 男女問わず、三段階に分けると、、 初期(なんか薄くなってきたかも)・・・ 約3ヶ月くらい 中期(周りから言われるようになってきた)・・・約6〜9ヶ月くらい 重度(明らかに薄く感じる)・・・約1年〜 ヒト脂肪由来幹細胞培養液には、強い発毛・育毛薬などにある副作用などはなく、元々自分で生み出すことのできる成長成分を毛穴から吸収させることによって様々な細胞が活性化され正常に機能し始めるという画期的な再生美容成分です! ただし!こんな症状をお持ちの方の使用は控えてください! ・循環器系、アトピー、皮膚炎などの持病をお持ちの方 ・ステロイドの塗り薬や注射をされている方 ・花粉症(薬を飲まない時期にずらせばOK) ・高血圧、高脂血症(血に栄養がのらないのでまずは体質改善から)

少し難しくはなってしまいましたが、 【ヒト脂肪由来幹細胞培養液】について なんとなくお分かりいただけましたでしょうか?

【日本臨床再生医療学会・認定発毛診断士】のライセンスを取得した現役美容師の発毛・育毛のプロチーム。 医師と提携した独自のノウハウで毛髪再生プログラムを提供。 テーマは【ヒトに優しいアンチエイジング】 一生自分の毛髪でヘアデザインしたいという想いを大切に…

ご相談ください。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square